NLPエッセンスコース 心理セールス・セミナー NLP感性研究所

NLPエッセンスコース 心理セールス・セミナー

使える実践心理セールス・テクノロジー 詳細はこちら 感性社会で勝つための心理セールス・モデル
実践 つかえる心理セールス・テクノロジーNLP半日セミナー

会場:大阪本校
時間:10:00~17:00
料金:12,600円
講師:感性コンサルタント 岡田裕之

レッスン開催日程受講申し込み

目的

ビジネス成功のカギは、取りかえがきくシステムをつくることです。
では、個人の成功のカギはなんでしょう。

それは、代えのきかない人になることです。

テクノロジーが進歩すればするほど、人にしかできない能力に対する価値は高まります。 例えば、人との会話から本音を知るということは、 どんなに優れたコンピューターにも出来ません。人と心を通わせリードするセールスコミュニケーションは、まさに人にしかできないことなのです。

お客様の心理を感じとり、共感し、そしてリードする。 これは、とても高度な感性処理能力です。成熟社会を迎えた現代において、 再び注目されている能力です。

本研修は、型にはまったテクニックを学ぶものではありません。 既にもっている能力に心の技術をプラスすることで業績が上がり、 受講者も成長する。それが本研修の目的です。

プログラムの進め方は、講師から提供されるエクササイズに積極的に参加して、 自ら気づきを得るものとなっています。更に、グループコーチングもとり入れ、 研修で得たリソースを具体的にどのように活かすのかも自ら考え、実践していただきます。

重要性

モノや情報が溢れる現代においては、企業のスタンスや、商品から得られる価値に、 どれだけ消費者が“共感”出来るかに、成功の鍵が隠されています。

「論理的に伝えたのにお客様に分かってもらえない」、「正しく伝えたのに反応がイマイチ」。 このような課題を解決するためには、お客様の心のスイッチを押す共感コミュニケーション力を磨くことが重要なのです。

本研修は、人間科学、実践心理NLP、コーチングなどを応用した 講師リードによる受講者主体の実践研修です。

成熟社会は、感性の社会です。本研修で心の技術を習得することが、他社あるいは他者を大きくリードする強力な武器となります。

予告

1・実践エクササイズ
実践エクササイズを通じて心理テクニックを体得していただきますので、 既にお持ちの実力に、心の技術が上積みされることになります。 研修後半にはシュミレーションも実施します。

2・再現できるリソース
また、個人がもっている成功体験に、理論的な裏付けがされるため、 再現性が生まれ、組織内共通のリソースも高まります。

3・コーチングで促進
そして、グループコーチングにより具体的な実践課題を自ら発見していただきますので、 長く現場で活かせるという効果が期待できます。

プログラム

1・感性社会に活きる共感コミュニケーション

現代は、感性社会への変遷期。感性価値創造と共感コミュニケーションが勝つためのキーワード。お客様と望む未来を築く共感スキルの本質を知る。

1・情報化社会から感性社会へ社会の動きから、これからの仕事を考える(講義・ディスカッション)
2・課題を明確にするセールス・コミュニケーション上のゴールと課題を明確にする(講義・エクササイズ)
3・共感コミュニケーション…瞬時に信頼され、本音を引き出す(講義・エクササイズ)

※実践コーチング

2・人を惹きつけるリーディング

会話から相手の欲求を引き出し、共感を得て、プロとしてリードする。
感性社会にマッチした、感性スキルを体得する。

※実践コーチング

1・共感力・・・相手の欲求を引き出す。傾聴と共感力(講義・エクササイズ)
2・創造力・・・相手の目標を引き出す。柔軟性と具体化(講義・エクササイズ)
3・影響力・・・相手を動機付けしリードする。動機付けする表現力 (講義・エクササイズ)

※実践コーチング

3・夢を描き目標に挑む

学んだことをもとにシュミレーションを行う。気づいた事、学んだ事を実践し、目標を達成する。

※実践コーチング

1・実践・・・ケーススタディーと実践エクササイズ(エクササイズ)
2・実践計画・・・目的・目標のブラッシュアップと実践計画(エクササイズ)
3・実践宣言・・・今後の目標と、現場での実践計画を発表 ( 講義・発表)

レッスン開催日程受講申し込み

お問い合わせ、NLP公開セミナーのご参加はこちら

  • NLP公開セミナー
  • メールお問い合わせ


NLP感性研究所通信

開催コース速報

初めての方はまずこちらをご覧ください

受講をお考えの方はこちらをご覧ください

わからないことはすぐにお電話を

受講生・修了生専用ページ

NLP感性研究所について